HOME | staff | 生物活性物質化学研究室 | 研究室・教職員の紹介 | 神奈川大学/工学部 物質生命化学科

研究室・教職員の紹介

 生物活性物質化学研究室

【生物活性物質化学研究室】 岡田 正弘 教授
研究のキーワード: 天然物化学   生物有機化学   糖化学 

新薬開発を目指す

教員からのメッセージ

【モダンな天然物化学を目指して】
興味深い生物活性を有する天然有機化合物に興味を持っています。従来の有機化学的手法に加え、分子生物学的手法を取り入れた天然物化学研究を展開しています。

学生からのメッセージ

4年次の卒業研究は今まで受け身であった勉強を能動的なものへと変換できる絶好の機会です。自分の手で化合物を作り上げ、作った化合物が解析によって目的化合物であると分かった時、その感動は今までの学生生活では体験することのできないものでした。 また、研究室でその感動を共有してきた友人、先輩達はかけがえのない人生の宝です。

研究例

翻訳後修飾によりトリプトファン残基がイソプレニル化されたペプチドに関する研究
 

 タンパク質やペプチドは、DNAからRNAへの転写、DNAからタンパク質やペプチドへの翻訳を経由して生合成されますが、それだけでは不十分で、多くは翻訳後修飾と呼ばれる化学修飾を受けて初めてその機能を発現します。私達はこれまでにトリプトファン残基のイソプレニル化という新しい修飾様式をペプチドフェロモンから発見しました。そこで、その生物活性の詳細や、活性発現のメカニズムを研究しています。また、同様の修飾を受けた新たな修飾ペプチドやタンパク質の探索を通じて、普遍性の解明研究を展開しています。

生理活性物質の全合成…新薬開発の第一歩…

 
生体を構成する基本材料、それが私達の取り扱う「糖」と「アミノ酸」である。これらは耳馴れない言葉ではありますが、人間の生活の中では砂糖やデンプン、たんぱく質として、合成化学の分野では医・農薬品などを作る原料として、生体内では血液型の決定や疾病、細胞の情報・アンテナ分子、様々な酵素として広く深く関わっています。私達は天然から単離された生理活性物質をこの「糖」と「アミノ酸」を原料に様々な有機化学反応を利用して医薬、農薬へと結びつける研究をしています。
 

より詳細な研究室の情報はリンクサイトよりご確認ください。(工事中)
研究室サイトはこちら LinkIcon